株式会社カメアシエンタープライズ

MENU

株式会社カメアシエンタープライズ

ホーム
企業ビジョン
会社概要
お問い合わせ
社長ブログ
お知らせ

 

 

 

 

 

ノアズプロジェクト

 

 

 

やってること・やったこと

 

美容と健康、ペットの食品
ノアズプロジェクト
あおもり地サプリプロジェクト
青森まるごとforペット

 

ネットショップ運営支援
自社ECサイトの運営
ECサポート・コンサルティング
デザイン・DTP・WEB作成
ネット販売推進フォーラム

 

インターネット ソリューション
あおもりびビジネスリンク
青森食工房
グリーンツーリズム支援
ITフォーラム

 

ページのトップへ戻る

 

 

  【ノアの方舟にインスパイアされたウェルネスプロジェクト】
 青森県には特色ある素材と資源を活用したものづくり環境が備わっています。私たちは青森県の食材、素材を中心に健康維持に役立つアイテムを開発しています。人と動物が日々健康的で健やかな営みを継続できるように、安心で健康増進に役立つアイテムを創るため、 私たちはこの青森の地から新しいブランドを立ち上げました。

 

 時は旧約聖書創世記の世界へ!
  ノアは神の啓示を受けて洪水の到来とそれに対する備えにとりかかった。 だれもが知るノアの方舟(はこぶね)物語だ。 現実的にあったかどうかという事は未だに解明されていない。 しかしアメリカ、フランス、イギリス、イタリア、スペイン、ポルトガル、そしてラテンアメリカの国々とアフリカのソマリアなど多くの国にキリスト教徒がいる。彼らの信仰の礎が聖書(旧約聖書・新約聖書)だ。アメリカ合衆国の大統領も就任の際は聖書に手を置いて誓いをする。その聖書の冒頭、旧約聖書の創世記に登場するのが前述のノアの方舟ストーリーだ。メソポタミアの寓話がルーツだという説もあるが、私はノアとその家族と動物、そして彼らの命を維持するために準備された食料を考えてみた。ノアは神からの掲示ですべての動物と自分の8名の家族とそれらの食するための食べ物と共に方舟の中に入った。ちなみに漢字で「船」は八つの口と舟で「船」になる。不思議だが方舟に乗った人間は8名だ。漢字のルーツは中国だが、中国にまで方舟伝説が伝わっていたのだろうかと単純な発想をしてしまう。ノアとその家族、そしてすべての動物の番(つがい)を乗せた方舟は150日間嵐に翻弄される。山の頂にたどり着いて40日目にノアはカラスを放した、しかしカラスはとまるところがなかったのですぐに戻ってきた、同じ様に鳩も放してみたが同様に戻ってきた。7日が過ぎて再び鳩を放すと、今度はオリーブの葉を銜えて帰ってきた。再度鳩を放すと今度は帰ってこなかった。ノアは洪水が終わり緑が芽吹いたことを知り、動物たちを開放し、自らも家族と共に方舟をでて祭壇を築き礼拝をした。神はノアとその子孫に二度と大洪水をおこさないと契約をし、そのしるしに空に虹を表した。
 以上が簡単にまとめた一般的なノアの方舟のストーリーだが、宗教的な深い解釈については私のごときでは理解の範囲を超えている。私たちはノアが自分と家族とすべての動物のために用意した食料に着目。 ノアが方舟に積み込んだ人と動物それぞれの健康を維持するための食料からインスパイア! そして私たちがこれから取り組むプロジェクトの名前は・・・・。
「Noah's project」(ノアズプロジェクト)に決まりました。

 

 ハウスマークは嵐が過ぎ去りノアの方舟が山の頂にて、放した鳩がオリーブの葉を持ち帰り神からの約束の虹を見た場面を図案化しています。 私たちが安心で安全な食品と認めたアイテムに付けるハウスマークとし、商標登録を出願しました。

 

 

 

 

 

 

会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ

 

 

Copyright c 2012 Cameashi Enterprise inc All Rights Reserved.